« コルグハイブリットピアノ消音ユニットの取り付けをしました。 | トップページ | 鍵盤のガタツキが大きかったのでブッシングクロスの交換修理をしました。 »

ピアノの中の雑音が出る場所

調律の仕事も14年目に入りましたが、

日々の調律業務の中で新しい発見があるとワクワクしてしまいす

先日、調律の始めにまず音を確認しようと思ってスケールでポン、ポン、ポンと

弾いていったところ1ヵ所「カシャ」という音がでました。

あれっと思い戻ってその音を出すとまた「カシャ」と音が出ます。

ネジが緩んだのかな、とか接着部分が割れてるのかなとか、

探っていくとどうもワイヤーがガタついていてそれで雑音が出ていました。

20130506112045_zed20130508_110734_3

他のところは全部しっかり止まっていたのですが一ヵ所だけ

緩んで抜けかけていました。

場所が分かればあとは修理します。

接着剤でワイヤーを抜けないよう固定。

そして、またスケールで確認すると音はすっきり消えていました。

20130506095646_zed20130508_110812_3

このワイヤー部分から雑音がするのを初めて発見しました。

いろいろあるなぁ~と1つ勉強になりました。

今回はすぐに見つかったのでよかったのですが、

この「雑音」というのが時にやっかいで、

見つからないときは本当に見つからなくて苦労するときがあります。

知識と経験と柔軟なものの見方が大事だなと思いました。

お客様から言われてピアノの前に行ってみて雑音が消えている、

そういった場合もたまにあります。

お客様と一緒に「この音」と分かれば探すのもだいぶ楽になります。

ピアノを弾いていてカタカタ、ビーン、チリ-ン、カシャなど

いろんな雑音が気になりましたらすぐにご相談下さい。

          

調律 修理 販売 ピアノ教室

片山ピアノ調律所

福井市宝永4丁目12-10

0776-22-7747

http://www10.ocn.ne.jp/~ka-piano/ 

調律師 片山勝

« コルグハイブリットピアノ消音ユニットの取り付けをしました。 | トップページ | 鍵盤のガタツキが大きかったのでブッシングクロスの交換修理をしました。 »

ピアノについて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの中の雑音が出る場所:

« コルグハイブリットピアノ消音ユニットの取り付けをしました。 | トップページ | 鍵盤のガタツキが大きかったのでブッシングクロスの交換修理をしました。 »

福井クラシック音楽同好会

片山ピアノ調律所

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ