« ホームページによくあるご質問を載せました。 | トップページ | 大阪音楽大学同窓会「幸楽会」セミナーに参加させていただきました。 »

グランドピアノ、屋根の共鳴を治しました。

グランドピアノは高音側から斜めに持ち上げて屋根を開ける仕組みになっています。

20120902_163428 

低音側のところの蝶番で屋根を支えています。

20120902_163458 

ネジが緩んだりしていると、

ある音を弾いたときビーンとかチリーンといった感じで共鳴することがあります。

重たい屋根を支えているので、

無理がかからないように時々ネジをしてめることが大事です。

調律の時におかしい箇所は見つけてすぐに対処するようにしています。

事前にに気になる音、気になることがあればお話ください。

        

ピアノ調律・修理・販売・ピアノ教室

片山ピアノ調律所

0776-22-7747

調律師 片山勝

« ホームページによくあるご質問を載せました。 | トップページ | 大阪音楽大学同窓会「幸楽会」セミナーに参加させていただきました。 »

ピアノについて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グランドピアノ、屋根の共鳴を治しました。:

« ホームページによくあるご質問を載せました。 | トップページ | 大阪音楽大学同窓会「幸楽会」セミナーに参加させていただきました。 »

福井クラシック音楽同好会

片山ピアノ調律所

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ