« ピアノ工具 | トップページ | 中古ピアノ情報 »

ピアノ再生作業

ピアノ再生の作業について書きたいと思います。

先日「ピアノをいただいたので、そのピアノを見て欲しい。」

というお電話をいただきました。

お伺いして見させて頂くと、中の木の部分は大体きれいで、

弦の錆びもさほどひどくありませんでした。

ただ前回の調律から約25年空いていて、音の狂いが大きく、埃が多かったのと、

2ヵ所ネジが動かない箇所がありました。

状態をお客様に説明してお見積もりをし、OKをいただいて作業に入りました。

鞄の中にある工具をそれ用でないものやいろいろを使ってネジを2本外し、

外装、鍵盤、アクションを全部外して掃除をしました。

ピンを磨いて掃除機をかけてさび止めを薄く塗って拭き取って。これで大体1時間です。

その後、調律を2~3回、上げ調律をして収めます。これが1時間半くらい。

その後、鍵盤の調整(左右のブレを見て動きき始めの隙間を0にして、

高さを合わせて深さを合わせて。)を中心に整調をしました。

全部で3時間くらいお時間をいただき作業をさせていただきました。

10年以上調律期間が空いている場合、2回作業をさせていただいております。

2回目は1回目にしっかり掃除や気になる細かい修理などを見ておいて、

調律と整調に集中します。2回目は大体2時間くらい作業時間をいただきます。

このような感じでピアノの再生作業をさせていただいております。

今回のように「ピアノをもらったから状態を見て欲しい。」

「ずっと使ってないピアノが使えるかどうか見て欲しい。」

などご相談下さい。

結論から言いますと、普通のピアノでしたらどんな状態でも使えるようにはなります。

(ただあまり古いピアノや状態の悪いピアノですと、厳しい場合もごくまれにあります。)

お客様のご希望ご要望に応えて最適な方法を提案させていただきたいと思います。

       

ピアノ調律・修理・販売・ピアノ教室

片山ピアノ調律所

0776-22-7747

http://www10.ocn.ne.jp/~ka-piano/

調律師 片山勝

« ピアノ工具 | トップページ | 中古ピアノ情報 »

ピアノについて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ再生作業:

« ピアノ工具 | トップページ | 中古ピアノ情報 »

福井クラシック音楽同好会

片山ピアノ調律所

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ