« 演奏会のお知らせです。 | トップページ | ピアノの湿気をどうするか。 »

消音ピアノユニット

先日コルグの消音ピアノユニットの取付けをさせていただきました。

取り付けの工程をご紹介します。

シャンクストップレールを取り付けます。

ピアノは鍵盤を押してハンマーが弦を叩いて音を出すのですが、

ハンマーを途中で止めて弦から音を出るのをストップします。

110920_113607 

↑↑開放状態で普通に音が出ます。

↓↓止めている状態でハンマーを途中で止めます。

110920_113621 

ペダルにセンサーを取り付けます。

110920_115549

鍵盤にセンサーシートを、鍵盤の下にセンサーユニットを取り付けます。

ここで消音状態のときにどこの音を押したか、

押すスピードなどで強弱の感知をします。

110920_143211 

音源ユニットと電源ユニットを取付け、ペダルセンサー、

鍵盤センサーユニットをコードでつなぎます。

110920_154230_2

初期設定とをして完了です。

110920_161720_2

最後に調律をして生音もいい状態にして作業修了です。

ありがとうございました。

防音、消音を気にされている方もご参考にいかがでしょうか。

       

片山ピアノ調律所・ピアノ教室

0776-22-7747

http://www10.ocn.ne.jp/~ka-piano/

« 演奏会のお知らせです。 | トップページ | ピアノの湿気をどうするか。 »

ピアノについて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消音ピアノユニット:

« 演奏会のお知らせです。 | トップページ | ピアノの湿気をどうするか。 »

福井クラシック音楽同好会

片山ピアノ調律所

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ