« 消音ピアノユニット | トップページ | マフラーフェルトの修理 »

ピアノの湿気をどうするか。

ダンプチェイサーという除湿機を取り付けさせていただきました。

以前からピアノは湿気を1番嫌うということを書かせていただきました。

除湿機やエアコンなどで部屋の中の湿気を取るという方法もありますが、

このダンプチェイサーはピアノの内部の温度を外気より2~3度高くし、

空気を乾燥させ除湿するという機械です。

110922_133049

画面の中央部分にある黒い棒が暖かくなります。

暖かくなりますが、握っても熱い、というほどまで熱くなりませんので、

火事の心配はなく安心です。

部屋の中の湿気が気になって、梅雨や冬場の暖房を使う時期に、

ピアノの鍵盤が上がらない、動きが悪いといったピアノにはお勧めです。

       

片山ピアノ調律所・ピアノ教室

0776-22-7747

http://www10.ocn.ne.jp/~ka-piano/

« 消音ピアノユニット | トップページ | マフラーフェルトの修理 »

ピアノについて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの湿気をどうするか。:

« 消音ピアノユニット | トップページ | マフラーフェルトの修理 »

福井クラシック音楽同好会

片山ピアノ調律所

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ