« ピアノの修理 | トップページ | 研修会に参加してきました。 »

鍵盤前面の修理

鍵盤の前面が変色して反っています。

全部のピアノがなるわけではありませんが、

年数が経ってくると反り、変色などしてくる場合があります。

あまり反りすぎると口棒という外装部分に当たって動かなくなってしまいます。

ですからきれいに剥がして新しく交換をします。

110810_205009

110811_094306

剥がして鍵盤の木の部分が見えています。

次に新しく貼って面取りをして仕上げます。

110811_183458

完成です。

見た目もきれいになりますし、当たって鍵盤が動かないということもなくります。

       

片山ピアノ調律所

0776-22-7747

http://www10.ocn.ne.jp/~ka-piano/

« ピアノの修理 | トップページ | 研修会に参加してきました。 »

ピアノについて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鍵盤前面の修理:

« ピアノの修理 | トップページ | 研修会に参加してきました。 »

福井クラシック音楽同好会

片山ピアノ調律所

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ